シリコンを使わず、ヒアルロン酸で胸を大きくする方法がある

バストアップした胸

ヒアルロン酸でバストアップ

身体にとって必要不可欠なヒアルロン酸という成分。このヒアルロン酸という成分は、美容外科・美容整形の分野においても、今や必要不可欠な存在となっています。
まず、ヒアルロン酸で豊胸が可能であることを貴女はご存知でしょうか?ヒアルロン酸を使用すれば、メスを使わずともバストを大きくすることができるのです。

従来の豊胸法では、メスを使用してバストを切除し、シリコンなどを胸の中にいれる方法が主流となっていました。
しかし、そのような方法には、多くのデメリットが付き物となっていました。胸の感触がイマイチである、横に寝た時などのポージングによっては胸が不自然な形になってしまう、ダウンタイムが長いといったデメリットがあるため、豊胸を望んでも、いざ手術に踏み出せなかった方は多いでしょう。
ですが、ヒアルロン酸を使った豊胸法であれば、身体に負担を掛けることなく豊胸することが可能です。ヒアルロン酸を使った豊胸法では、メスを使用しません。そのため、大掛かりな手術をすることなく、胸を大きくすることができるのです。
ヒアルロン酸を使った豊胸法は、とっても簡単です。胸にヒアルロン酸注射を打つだけなのです。注射を打つだけで、簡単に胸を大きくすることができるのです。
そのため、胸に手術の傷跡がつくこともなく、低リスクで豊胸することができます。
施術時間も20分から30分と短時間なので、かつてのシリコンを使った豊胸手術とは異なり、気軽な気持ちで施術を受けることができるでしょう。

ただし、ヒアルロン酸を使った豊胸法には、デメリットが1つあります。
それは、効果が半永久的ではないことです。ヒアルロン酸は、私達の体内に元々存在している物質だけあり、時間がたてば体内に吸収されてしまいます。
各美容外科・美容整形で使用されているヒアルロン酸の成分によっても異なりますが、早くて2年、遅くても10年程度でヒアルロン酸による豊胸効果は薄れてしまうのです。
そのため、ヒアルロン酸による豊胸効果を維持し続けようと思えば、何度も回数を重ねて美容外科・美容整形で打つ必要があります。
手間と時間は掛かってしまいますが、従来の豊胸手術よりも低リスク・低価格といった大きなメリットがあるため、ヒアルロン酸による豊胸法は美容外科・美容整形で絶大な人気を得ているようです。